婚活はオシャレなバーで

婚活バーとは

婚活バーとは、30前後の結婚願望の強い男女などが利用していることが多いバー。海外で言うところのシングルスバーのこと。

日本ではじめて婚活バーが登場したのは、2008年3月で東京の六本木にある「SinglesBar GREEN」という店。マスコミやメディアでも取り上げられ話題になりましたが、現在は全国に数店舗の婚活バーが出現しています。

婚活バーだからといって特別他のバーと違っているところはなく、店内は普通のおしゃれなラウンジ。落ち着いて話ができるような雰囲気になっているのが一般的。生のバンドやボーカルなども楽しむことができるところもあります。

ほとんどは会員制で、エントランスチャージやテーブルチャージ、飲食代などがかかりますが、一般に男性のほうが高額です。

入店後は、店のスタッフの進行により、異性と同席して会話することができます。

特に服装などの規定もなく、ある程度のマナーを守って、互いに会話を楽しむことができる、一種の社交場と言えるでしょう。

婚活バーのシステム

婚活バーとは、お酒を飲みながら独身の男女が、自由に会話を楽しむ大人の出会いの場のこと。多くは会員制です。

婚活バーを利用するには特別な資格はいりません。ただし、初回のみ身分証明書などを提示する必要があるかもしれません。会員登録時に簡単なプロフィールや好みの異性についてのアンケートがあることもあります。

入店したら、スタッフの誘導で席に座り、その後気に入った異性がいればスタッフに引き合わせてもらい、男女同席して会話を楽しめるようになっています。相手が気に入らなときは、スタッフに言えば異性を変えてもらうこともできます。もちろん気に入った女性とは長く話すこともできます。

婚活バーの利用者は30代が多く、服装はカジュアルなものより、スーツや品のいいドレスの女性が多いようです。大人の社交場なのでマナーの悪いお酒の飲み方をしていると退出させられるので注意しましょう。

ただし中にはキャバクラのような雰囲気のバーもあるので、行く前にチェックすることをオススメします。