ネットで婚活! 【0からわかる初めての婚活】

婚活とは

婚活とは、結婚活動の略。就職活動を「就活」と略していうのに倣ったもの。

昔はお見合いで結婚をする人が結構いました。しかし、近年は恋愛結婚がほとんどです。そのため、自分で結婚相手を見つけられない人も。職場に適当な相手がいないと結婚相手を探すのはなかなか難しいですね。

現在、日本における20歳から39歳までの未婚率は、男性が約60%、女性が約50%と年々増加傾向です。しかし、自分の意志で独身を希望しているのは、このうちの3割ほどです。つまり、多くの人は結婚を望んでいるというわけ。出会いの機会がないという人がほとんどでしょう。そのため婚活が必要になってくるのです。

では具体的に婚活とはどのようなことをすればいいのでしょうか。

・婚活ネットの利用
・結婚相談所の利用
・合コンをする
・婚活パーティに参加する
・自治体がも催す見合いイベントに参加する

婚活には以上のような方法があります。
もちろん、積極的に活動することは大事ですが、それと並行して、自分の人間としての魅力を高めるための努力も忘れないようにしましょう。

婚活と時代背景

婚活とは、結婚するために必要な行動。

結婚というと昔は適齢期になると、みんななんとなく自然の成り行きで結婚していました。しかし昨今は、20代〜30代独身男女の4人に1人が結婚できないと言われ、結婚がしにくい時代になったようです。

その理由として、女性の社会進出や結婚イコール幸せという結婚に対する価値観の崩れなど挙げられています。しかし、結婚したいという男性や女性はたくさんいます。

その人たちにどうして結婚できないのか聞いてみると、「適当な相手に巡り会えない」という答えが返ってきます。職場やプライベートなどに結婚の対象となるような異性がいないというのが実態のようです。

昔は、適齢期の男女がいると、親戚や近所の人が結婚相手の世話をしたものですが、昨今は社会構造の変化などにより、そのようなことをしてくれる人がいなくなりました。

また、職場結婚も利益重視で人間関係が希薄になり、だんだん少なくなってきているようです。

そのため、結婚したい男女は婚活をしなければならないということです。婚活は時代の流れなのかもしれませんね。